ソーシャルレンディングのリスクに関して

ソーシャルレンディングとは借りたい人に貸したい人が仲介会社を通して投資するサービスになります。リスクがあるというデメリットもありますが、そのリスクに応じて金利も高くなりリターンも多くなるというメリットもあります。メリットとしてはその他に、利息を先に受け取ることが出来ます。そのため、毎月の金利を貯めておいて再投資といったように効率よく回転させることが出来ます。また、デメリットとしては内容が不透明な点です。したがって、貸し倒れが起こっていても分からないこともあります。その他にも、入出金の手数料も高額ですので、元本の金額を高くするか、投資期間を長くするかで手数料割合を低くする必要があります。以上の点より、ハイリスクハイリターンの投資のため、自分の余裕のある資産にて、自分にあったものを探し出し投資する必要が特にあると思われます。

ソーシャルレンディング投資のリスク

ソーシャルレンディング投資をするにあたり、知っておかなければいけないことがあります。それが、リスクであります。ソーシャルレンディングは、画期的な投資方法であることからメリットのある投資方法ではありますが、投資である以上はリスクがそれなりに伴います。では、どのようなリスクがあるのかと言いますと、それは何といっても投資した企業の貸倒であります。投資先の企業にお金を投資しても、その企業が万が一ビジネス事業に失敗してしまった場合に、投資した金額を回収できない恐れがあります。これが、貸倒であります。これを一番に考えておく必要があります。また、貸倒がなかったとしても、為替変動によって為替差損が生じてしまうこともあります。以上のようにソーシャルレンディングを投資する際には、こうしたことを踏まえて投資をするかどうか判断していくことが大切です。

ソーシャルレンディングのリスクを理解しましょう

ソーシャルレンディングが流行っています。証券会社や銀行などが発売している国債や社債に比較しても金利が高い投資先ですので、リターンを実感しやすいというメリットがあります。もちろん国内の銀行の預貯金に比較すれば、段違いに高金利です。しかし、リターンが大きいということは、当然リスクも大きいということです。そのことをしっかり把握し、納得された上で投資対象に選ばれるのであれば、これほど魅力的な金融商品はありません。民間企業が発行する社債のように投資期間が決まっていますが、昨今のソーシャルレンディングにリストアップされる対象は、比較的短期間のものが多いです。数か月や1年などの短い期間限定でお金を投じ、満期になれば返ってきます。もちろんその期間はリスクに向き合うことになりますが、その期間が短いこと自体が、メリットになっています。