ソーシャルレンディングをするリスク

ソーシャルレンディングというのは、金融型のクラウドファンディングと呼ばれ新しい投資のことであり、最近注目されている投資です。高い利回りが期待できることもあり、投資家の間では人気があります。しかし、このソーシャルレンディング投資家にとって良いことばかりではなく、それなりにリスクを負うことも忘れてはいけません。では、どのようなリスクを負うのかですが、それは、いくつかあります。まず、元本が保証されていない投資でありますので、貸し倒れとなるリスクがあります。ただ、投資資金が回収できなかったケースは今までに報告が挙がっていないこともあり、それほど心配する必要はないですが、それでも貸し倒れになることも万が一あるということは認識しておく必要があります。また、原則として途中解約ができません。ですから、投資をする場合に十分に融資期間や融資金額を検討する必要があります。

ソーシャルレンディングの貸倒リスクを回避する方法

ソーシャルレンディング投資をするにあたり、貸倒リスクがあります。貸倒になるケースとしては、投資した企業が返済する能力が弱くて投資家に返済することをせずに、銀行等からの追加融資を受け始め時に発生します。つまり、どういうことかと言いますと投資家に対しての配当金が滞ってしまうというわけであります。投資家がソーシャルレンディング投資に多額の投資金を投じていたならば、その貸倒リスクはかなりの大きくなります。では、どのようにして貸倒リスクを回避するかですが、それは投資する企業先を見極めることです。優良企業先に投資すれば、貸倒になる可能性は低くなりますので、優良企業であるかどうかを見極めることがもっと大事になってきます。ただ、現実問題としてこの優良企業を見極めることはかなり難しいため、担保があるソーシャルレンディング投資をするのが現状ではベストです。その理由は、担保があれば万が一貸倒があったとしても、担保保障がある分最悪の事態を防ぐことが可能だからです。

ソーシャルレンディングの収益の可能性とリスク

資産運用では日本人はあまり得意な分野とは言えないので、今のような経済的な現状では投資先を探すのにも苦労します。日本人の投資は堅実でほとんどが銀行の預金というローリスクローリターンでした。しかし、最近の低金利やマイナス金利という異常に低い金利では、銀行預金はもう投資とは言えない投資方法になりましたので、他に探さないといけなくなりました。そこで現れたのがソーシャルレンディングという方法です。インターネットを利用して、投資をしたい投資家と投資をしてもらいたい企業などを繋ぐことを仕事にしたサービスです。ここで利用の注意点としては、リターンとリスクをどのように考えるかです。リターンがいくら高くてもリスクが多ければ危険が多すぎて投資ではなく投機になります。その反対の場合は、銀行の預金と同じようになってしまいます。ですのでその中間の投資が必要ですが、ソーシャルレンディングがその投資にあたります。