ソーシャルレンディングのリスクを理解する

最近、投資でもソーシャルレンディングが話題となっています。なぜ人気になっているかと言うと銀行よりかは高い金利を得ることが可能と言われています。あくまで、ソーシャルレンディングが投資であるために、リスクと言うのを理解する必要があります。どのような事が考えられるかと言うと何か投資物件に対して、貸し倒れとか予想しない事態に陥る場合には、金利を抑えられて償還されるか、もしくは投資した額自体が返ってこない可能性があります。リスクをわきまえた上で投資することをお勧めします。不動産に対してソーシャルレンディングは担保とかを不動産にしているため、万が一の場合に不動産を充てることもできるために若干、安心感があります。投資する側としては、案件に対し担保があるのかもチェックし、万が一の場合のリスクをも理解する必要があります。

ソーシャルレンディングのリスク分散

ソーシャルレンディングというのはインターネットを介して様々な事業などに対してお金を融資する方法です。借りる側からすれば融資、出資してもらうことができる方法であるともいえるでしょう。日本においては直接的にやることはできないので仲介業者が確実に介在することになります。直接的に繋ぎ合わせる場、ということがイメージされているのですがそれは貸金業法に引っかかることになりますから、実は仲介業者が金融庁の許可を得てやっていることになっています。非常に高い利率で貸すことができることが多く、新しい投資の方法として期待されています。しかし、問題はリスクでしょう。リスク分散がしにくい方法でもあります。ポートフォリオの一つとして活用するのはよいですが利率がよいからといって一つの事業、ソーシャルレンディング案件に投入はしないほうがよいでしょう。分散投資はどんなリスク回避にも勝ります。

ソーシャルレンディングの可能性とリスク

資産を運用して投資をする場合に、投資対象をどのように探すかということが問題になってきます。その場合に重要なのが安全性とリターンの関係です。できるだけリスクを低くしてリターンを大きくするということが必要になってきます。それで色々な投資先が開発されるわけですが、その中でもソーシャルレンディングが比較的低いリスクと高めにリターンで注目されています。仕組みとしては、できるだけ低い金利で資金を集めたい企業とリスクの低い投資でリターンを得たい個人などが出会うことができる環境を提供する企業を当してお互いにメリットを享受するというサービスです。またインターネットを中心として行われるという特徴があります。その他の特徴としては、期間が比較的短く金利も高めに設定されていますので、募集があると人気が高いということで募集された資金がすぐに集まってしまうという状況で人気があります。

新しい投資手法をお探しの方はみんなのクレジットへ。 クラウドファンディングにご興味のある方はぜひみんなのクレジットへ。 新しい投資を始めたい方、運用方法でお困りの方はこちらへ。 分配金の入金するときに発生する振込手数料などの費用も一切かかりません。 ソーシャルトレーディングをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。 ソーシャルレンディングのリスクについてはこちら